we are god

ARTE

ARTEのビジョン

私たちは、エゴに基づいた現代社会システム、暴走するコーポラトクラシーに翻弄される現代社会を変革する方法を探っています。

そこで、「人は魂であり神の分け御霊、つまり神そのものであるとの認識によって、自らと社会を俯瞰する」態度を提案します。
この認識においては、エゴを捨て、すべての存在にとって最大公約数であるソリューションを導き出すことが求められます。
あらゆる問題を解決する際の、基礎的な態度の提案とも言えます。


ここでいう「神」の定義とは。

私たちは特定の宗教哲学に与しません。
神と人との間に宗教は不要だと直感します。

西洋における一般的な宗教の形態は一神教であり、東洋では多神教です。
私たちは、一神教も多神教もその実同根であり、地域性や文化に基づいた解釈の違いが現れたものと考えています。
一神教も多神教も言葉や概念は違えど、真理においては矛盾しません。
人種/性の違い、人間/動物の違い、生物/無生物の違いのように、見え方、役割の違いはあります。
しかし、全ては神の現れであり、私たちが住む世界、地球、宇宙、
このフェーズは体内であり、私たちはすでに神の世界に住んでいます。
神から分離した(ように見える)存在が、私たち、魂です。

そしてどのような神界を顕すかは
私たちに委ねられいます。

SOCIAL

社会部門においては、神として私たちが現代社会を見た場合、自我ベースで作られた我欲に満ちた現代社会に対して、どのように捉え、
そして解決を導きだすか、思考実験的なカンファレンスを行います。
多種多様なカンファレンスを用意しますが、カンファレンスの参加者は、
地球と地球上に存在するあらゆるものを代表する立場として発言することを促されます。
その結果として、ある一定の成果を導き出します。
また、現状分析と情報共有、アイデアの共有と実行のためのプラットホーム作りを目指しています。

ART

アート部門においては、私たちが神であることを感覚的に惹起する作品を収集します。
アートは究極的には、言語、文化における文脈を飛び越え、高次空間、抽象宇宙でコミュニケートする方法です。
このようなコミュニケーションを通して、私たちの自我や肉体は仮のものであり、
私たちの本質は神であることを再び思い出すことが必要です。
少なくとも、私たち一人ひとりが魂の存在である、魂こそが私たちであるということの再認識を促します。

SPIRIT

"We are God" では瞑想の重要性も提案したいと考えています。
私たちと神との対話(メディエーション)が、瞑想(メディテーション)です。
瞑想は洋の東西、宗教を問わず、人類の歴史において綿々と行われてきました。
私たちと神、つまり私たちと私たちとのとの対話は、自我や思想の違いを超越することができると信じます。




ARTEにおける私たちの活動が、地球の平和と、地球と地球上に存在するあらゆるものの幸せと安寧に貢献することを。

コンタクト

Mail   arte.geijitsu@gmail.com

FACEBOOK  We are God 〜子供帝国の逆襲〜